生後一ヶ月以降の赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなっていく

ファミリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

潤いのある肌を保つ

乳児

肌トラブルになりやすい

生まれたての赤ちゃんは、皮脂や水分量がたっぷりある状態で、乾燥しにくい肌質を持っています。しかし、生後1ヶ月を過ぎると、徐々に水分量が減少していきます。皮脂の量は、大人の半分ほどであり、水分量は3分の2程度と言われています。そのため、赤ちゃんの肌は乾燥しやすい状態に変わっていきます。赤ちゃんの肌が乾燥した状態が続くと、様々な肌トラブルを起こしやすくなります。まずよくなりやすいのが、湿疹です。肌が乾燥していくと、肌を守るバリアが弱くなります。そのため、外部からの刺激やベビー服の素材が肌に擦れることによって、湿疹を起こしやすくなります。また冬場は特に乾燥しやすい時期ですので、赤ちゃんの肌はよりしっかりとしたスキンケアを行うことが大事です。

保湿に力を入れよう

赤ちゃんの肌を乾燥から守るために一番大事なのは、保湿です。赤ちゃん専用の保湿クリームや保湿オイル、ローションなどを使用することが大事です。保湿をすることによって、肌の水分を蒸発しにくくさせることができます。また、外部からの刺激を和らげる効果もあり、湿疹が起こりにくい肌にすることもできます。保湿はできるだけこまめに行うのが良いです。特にお風呂上がりのスキンケアはとても重要です。お風呂上がりは、肌の水分が蒸発しやすい状態です。そのため、お風呂を上がったらすぐに保湿クリームなどを塗ることが大切です。できれば、お風呂上がりから5分以内に保湿クリームやローションなどを塗ることで、乾燥を防ぐことができます。

工夫がされてある服

ベイビー

ベビー服は色々と売られていますが、ある程度あ赤ちゃんが動けるようになった時はロンパースタイプが上下一体型になていて脱いだろ着せたりが楽なので人気があります。また、オーガニック素材の物も肌に優しいため人気があります。自分で意思表示が出来ないので、衣服の着せ方に工夫して温度調節をしましょう。

もっと読む

子供との移動を楽に行う

赤ちゃんと女性

ベビーカーは子供を持たれている家庭で多く利用されていまして、これはベビーカーを利用する事で移動を楽に行う事が出来るからです。またベビーカーはコンパクト化や軽量化、そして多機能化が図られて進化しています。

もっと読む

大切にしたい想い

ウォーターサーバー

純水と天然水のウォーターサーバーは、安心で安全なことから赤ちゃんのために利用する家庭が増えています。衛生面を徹底する場合はアルコール消毒が有効です。サーバー内部を自動で洗浄するタイプも選択できます。サーバーはスリムでジャマにならず、転倒防止用の対策も万全ですので安心して利用できます。

もっと読む