生後一ヶ月以降の赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなっていく

赤子
このエントリーをはてなブックマークに追加

大切にしたい想い

ウォーターサーバー

衛生面でも安心

日本国内におけるウォーターサーバーの歴史は1980年代の頃から始まり、一般家庭で普及を始めたのは2000年に入ってからです。歴史は比較的浅いウォーターサーバーですが、契約数は右肩上がりが続いているといわれています。ウォーターサーバーを取り扱う会社数も上昇を続けていますが、その多くが赤ちゃんを意識した内容のPRを展開中です。不純物の排除や天然のミネラルウォーターにこだわった水ですので、赤ちゃんのために利用を開始してみるのも良いでしょう。衛生面の安全を徹底したい場合は、サーバーのお手入れを意識するとさらに安心できます。ボトルの差込み口やコックの部分は、使用頻度にかかわらずアルコールで消毒するだけでも清潔な状態の維持が可能です。サーバー内部を自動で洗浄するタイプもありますので、利用を開始する前に比較しておくと良いでしょう。

万全の転倒防止策

水の安全性だけでなくスマートな姿のウォーターサーバーも、たくさんの人からの支持につながっています。キッチンのような機器類の多い部屋においては、コンパクトな設計が重要なポイントです。また、スペースの隙間に入れることで足を引っかける心配が少なくなり、赤ちゃんを抱っこしていたりお腹の大きいお母さんにも優しい設計といえるでしょう。地震やぶつかったときの衝撃など、ウォーターサーバー自体の転倒防止策については、いずれの会社も十分な対策が講じられています。基本的にワイヤーが付属していますが、自前で重ねて固定器具を設置するとさらに安心です。このように、水だけでなく赤ちゃんの安全が守られる点においても、利用者数を増やすキッカケとなっています。